不妊症・不妊治療について|大阪の不妊鍼灸専門鍼灸院

不妊症・不妊治療について

不妊治療<体外受精・顕微授精>

タイミング法人工授精(AIH)を継続して妊娠に至らない場合は、体外受精・顕微授精にステップアップします
詳しくは「体外受精・顕微授精の流れ」をお読みください

人工授精は病院の技術に差はないとされますが、高い技術を要する体外受精・顕微授精は
病院の経験や設備、技術などが結果に影響することもあるとされます

SEET法(シート法)

SEET法とは

正式名称は子宮内膜刺激胚移植法(SEET:Stimulation of Endometrium Embryo Transfer)
体外受精・顕微受精の妊娠率を上げるために日本で開発された
二段階移植の多胎妊娠のリスクを下げるために進化した方法


→ 「SEET法(シート法)」の続きを見る

二段階移植

二段階移植とは

初期胚移植+胚盤胞移植を同じ周期におこなう移植方法(合計2個の胚を移植)
採卵の2~3日後(4~8分割)に初期胚を移植、採卵の5~6日後に胚盤胞を移植する
最初に移植する初期胚が子宮内膜を活性化し、次に移植する胚盤胞の着床率を高める効果があるとされる


→ 「二段階移植」の続きを見る

凍結融解胚移植

凍結融解胚移植とは

採取した卵子を精子と受精させ、初期胚や胚盤胞になったものを凍結し、次周期以降に融解して移植する方法
(受精の数日後にそのまま移植するのは新鮮胚移植法)
「良好な胚」と「子宮内膜の良い状態」のタイミングを合わせられるため、着床にとって最良の条件とされる


→ 「凍結融解胚移植」の続きを見る


«最新の記事   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11