不妊症・不妊治療について|大阪の不妊鍼灸専門鍼灸院

不妊症・不妊治療について

大阪の不妊治療助成金

特定不妊治療助成事業

国の厚生労働省が実施している事業で、全国で同じ内容の制度
特定の不妊治療に対して、国と地方自治体が治療費の一部を助成する
一定の要件を満たした場合、特定不妊治療の費用の一部の助成してもらえる
 ※特定不妊治療...高度生殖補助医療(体外受精および顕微授精)

特定不妊治療費助成事業の目的
様々な理由から不妊治療を受ける方が増加しているなか、
不妊治療は身体的・精神的な負担も大きい上に、費用が高額で治療を断念する方もいるため、
保険適用外の高額医療費を一部助成し、経済的負担の軽減を図ることが目的

自治体によって助成内容が異なる
現在は特定不妊治療費助成制度と併用可能な、各自治体が定めている助成金もある
新しい制度が増えているので、お住まいの市区町村のホームページなどでご確認ください

特定不妊治療助成事業の申請先
人口によって申請先が変わり、「県」「指定都市」「中核都市」の3区分がある
下記2~6にお住まいの方は「市」に申請、それ以外の大阪府にお住まいの方は「県」に申請
1、大阪府(下記の市以外)
2、大阪市
3、堺市
4、豊中市
5、高槻市
6、東大阪市

厚生労働省のホームページ      ※それぞれクリックすると外部サイトで詳細が見れます

子宮内膜の厚さ

子宮内膜(EM:endometrium)とは

子宮の内側にある上皮組織で、受精卵の内部の細胞が子宮内膜に着床して妊娠が成立する
子宮内膜が厚いほうが着床率が高いとされるが、薄い場合でも卵子の質によって可能性は上がる
子宮内膜の厚さは超音波診断(エコー)で確認する


→ 「子宮内膜の厚さ」の続きを見る

初期胚・胚盤胞のグレード(評価)

・初期胚(4~8分割)と胚盤胞、それぞれにグレード分類の基準がある
・割球の大きさや形、フラグメントの量、分割のスピード、などで決まる
・割球の大きさが均等、フラグメントの割合が少ない、ほどグレードが高い
・分割のスピードは、培養2日目→4細胞、3日目→8細胞、5日目→胚盤胞、が良好胚の重要な条件
・見た目のきれいな良好胚は染色体異常率も低く、着床率も高い傾向がある
 ※割球=分割している細胞、フラグメント=細胞の断片


→ 「初期胚・胚盤胞のグレード(評価)」の続きを見る

不妊治療の流れ・ステップアップ

緑色の文字をクリックすると、詳しい説明が開きます

ステップ1
  ◆女性の基本検査 血液検査 ホルモン値の基準を調べるのは月経3日目
               卵管の検査、エコーによる内診など
  ◆男性の精液検査
   
ステップ2
  ◆タイミング法 検査結果に問題がない場合、
            女性の年齢に合わせて半年~1年おこなう

ステップ3
  ◆人工授精 女性の月経や排卵が順調で、男性の精子に問題がない場合
           半年(6回)継続して妊娠しない場合は体外受精へステップアップ

ステップ4
  ◆体外受精 採取した卵子に、状態の良い多くの精子をふりかけ、
           自然に受精・分割した胚を移植する方法
           精子の状態が良くない場合、卵子と精子が受精する確率が低くなるため
           顕微授精へステップアップ

ステップ5
  ◆顕微授精 採取した卵子に1個の精子を注入して受精させ、分割した胚を移植する方法


→ 「不妊治療の流れ・ステップアップ」の続きを見る


«最新の記事   2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12