鍼灸治療・不妊鍼灸について|大阪の不妊鍼灸専門鍼灸院

鍼灸治療・不妊鍼灸について

鍼灸で妊娠につながる体づくりのお手伝い

当院の鍼灸治療の対象
タイミング法・人工授精・体外受精・顕微授精などの治療をされている方
検査で異常はないが妊娠に至らない方
まだ通院していないが不妊治療を始めるか検討中の方
流産、不育症でお悩みの方
二人目を希望しているがなかなか授からない方
今後のために体を整えたい方(もちろん未婚の方も可能です)
子宮筋腫・内膜症、月経不順、生理痛など婦人科疾患でお悩みの方


不妊鍼灸

本来、鍼灸治療は様々な症状に効果がありますが、不妊鍼灸においては、自己治癒力を高めることで卵巣・卵子・子宮の機能が改善して妊娠しやすい体となり、妊娠率の向上が期待されると考えられています。
不妊鍼灸と言っても、子宮や卵巣など部分的にアプローチするのではなく、体が出しているサインを東洋医学的に根本から解決し、「体質改善」することが目的です。
体質改善することで自己治癒力を高める。
その「体づくり」が妊娠しやすい体につながります。
そのため、タイミング法・人工授精・体外受精、どのステップでも体づくりの基本は同じですが、そのうえに治療周期や症状に合わせた必要な治療をおこないます。

具体的なお悩み
・卵胞が育つのが遅い
・採卵で空胞だったり良い卵が採れない
・卵子の質が良くないと言われた
・子宮内膜が薄い
・移植しても着床しない
・妊娠の維持ができない
不妊鍼灸のアプローチ
・ストレス・冷え・コリなどの改善
・ホルモンバランス・自律神経の調節
・月経周期・基礎体温の安定
・生理痛や月経時の血のかたまりの軽減
・子宮や卵巣への血流増加
・卵巣機能・卵胞・卵子の質の向上
・スムーズな排卵の促進
・子宮内膜を厚くする
・着床率を高める
・妊娠の継続(流産防止)

鍼灸治療を始めるタイミングはいつでも可能です。
病院での治療周期や月経周期に合わせた治療をおこないます。
月経中でも治療は可能で、生理痛にも有効です。

不妊鍼灸の内容

・ストレス、緊張、凝りなどを取る
ストレスや緊張は血流を妨げ、内臓の働きを低下させます。
ストレスは妊娠に良くないとされ、緩和することはとても大切です。
巡りを良くし、心も体もスッキリした状態を目指します。

・リラックス効果
緊張やストレスは交感神経優位で血管が収縮し、血流が悪くなります。
副交感神経が優位になると血管が拡張し、血流が良くなります。
自律神経(副交感神経・交感神経)を整え、リラックスできる状態にします。

・ホルモンバランスが良くなる
ホルモンは脳からの指令で分泌され、月経や妊娠において常に重要です。
リラックスすることで脳からの指令がスムーズになり、ホルモンバランスが良くなります。
とても繊細で乱れやすいものですが、ホルモンバランスは妊娠に不可欠です。

・血流、代謝が良くなる
リラックスし、副交感神経が優位になることで血管が拡張します。
卵巣・子宮は血液で栄養されているため、血流が良い状態が続けば、冷え性の改善・卵巣機能・子宮環境の向上につながります。

・着床率の向上、妊娠の継続
移植や着床の前に不妊鍼灸をおこなうことで子宮環境を良くし、子宮内膜を着床しやすい状態にします。
着床後の治療も妊娠の継続に役立ちます。

・免疫力が高まる
鍼灸治療は体の内側から改善することで、免疫力や自己治癒力を上げる効果があります。
不調の少ない健康な体のほうが妊娠力も高くなります。
着床障害の原因の一つに免疫との関係があるとも言われています。

・薬の副作用の緩和
不妊治療の薬で副作用が出る方がいらっしゃいます。
鍼灸は痛みや気持ち悪さにも効果があり、症状を緩和させます。


不妊治療と血流

女性は毎月の月経のために「血を作る→溜める→出す」を繰り返しています。
そのサイクルが乱れると血行不良・過多・停滞が起こり、婦人科の疾患につながります。
毎月の月経で悪循環を繰り返すうちに症状が悪化したり、婦人科以外の体調不良が出てくることもあります。
女性の体に大きく影響している血行障害を、根本から改善することは体づくりの基本です。
血流の改善は卵巣や子宮の機能・卵子の質の向上に欠かせず、女性にとって一番大切です。

鍼やお灸をおこない、血流が良くなると内側からポカポカしてきます。
冷たい体より温かい体の方が気持ちが良く、気分も穏やかになります。
体の変化を感じ、良い状態を知り、継続することで妊娠力は増していきます。