当院の不妊鍼灸の特徴|大阪の不妊鍼灸専門鍼灸院

当院の不妊鍼灸の特徴

・病院の治療も考慮した治療
当院の不妊鍼灸の特徴 「限られた時間」を大切に、「心身の大きな負担」をできるだけ短くするため、病院で治療をされている方は、検査結果・治療方法・お薬などを伺い、その情報を重視しています。
東洋医学と西洋医学の両方から不妊の原因を理解し、お一人おひとりに合わせた最良の鍼灸治療をおこないます。
・病院の検査結果やお薬など、わかる範囲でお話しください。
・検査結果の用紙などがある場合はお持ちいただけると助かります。
・辛い事や話しづらい事は無理なさらないでください。

・気持ちもスッキリと
病院のことや鍼灸のことで、わからない事や不安があれば解決し、まずは安心して治療を受けていただくことを大切にしています。
スッキリした気持ちで鍼灸治療を受けていただくと、体の変化がとても良くなります。
気になる事があれば、どんな事でもおっしゃってください。


当院の不妊鍼灸の方針

当院は「皆さんの妊活」と「鍼灸の力」を合わせて体づくりをおこないます。
不妊鍼灸で「体の変化のキッカケ作り・体質改善と妊娠力の底上げ」を、そして皆さんの妊活が「良い状態の維持・さらなる妊娠力の向上」につながります。

鍼灸による体づくり

体質改善  →詳細は不妊鍼灸へ
ストレス・緊張の緩和
→リラックス
→ホルモンバランスの安定
→血流の改善
→卵巣機能・卵子の質の向上
→子宮環境の向上
→着床率を上げる

体質改善によって本来持っている体の力を引き出し、全身の巡りや機能が高まることで妊娠力につながります。
血流改善
卵巣機能・卵子の質の向上
排卵の促進
内膜の厚さなど子宮環境を整える
着床率を上げる
黄体機能不全(高温期の状態)の改善
妊娠の維持(流産防止)
不育症(原因による)

血流改善は、生殖器の機能の向上、女性ホルモンの活性に不可欠で、受精・着床・妊娠にもっとも重要な体づくりです。
脈とお腹の変化
当院では、治療中に何度も手首の脈とお腹を確認します。(脈診、腹診と呼びます)
体の内側からのいろいろなサインが脈やお腹の状態に現れています。
鍼灸を続け、体質や症状が改善されてくると、脈やお腹も変化します。
東洋医学での「妊娠につながる理想の脈とお腹の状態」に近づいているか、確認しながら治療をおこなうことで体づくりにつながります。
他の症状も改善して相乗効果
婦人科以外にも気になる症状がありましたら、どんな事でもおっしゃってください。
そこから根本の原因や体質がわかる場合があります。
不妊のための鍼灸治療はもちろん、気になる症状も改善し、身体全体を整えることで体づくりの相乗効果となります。

不妊鍼灸のペースと推奨日

当院では、下記の二つを組み合わせて治療をおこないます。

(1) 普段のペース
体質改善や体調管理などの目的で週一回を目安にしています。
体質・状態に合わせて「増やす・減らす」の提案をしております。

(2) 推奨日
治療周期に合わせて、鍼灸を受けていただきたい日です
○体外受精の場合
・胚盤胞移植当日(可能であれば移植直前)
・採卵周期の月経前後~採卵日までは少し間隔を詰める
○分割卵移植・人工授精・タイミング法の場合
・着床予定日直前
・採卵周期の月経前後~採卵日までは少し間隔を詰める(分割卵移植の場合)
・排卵前(人工授精・タイミング法の場合)

卵子の質、子宮内膜の厚さの重要性を何度も書いていますが、移植前や着床前の治療をおこなうのは「子宮内膜をフカフカにするため」です。
直前に血流を良くし、子宮内膜を柔らかくすることで、胚細胞が着床しやすくなると言われています。
病院での治療周期が決まったら、推奨日を提案いたします。


ご自宅での妊活

・自宅でのお灸(やり方やツボの場所・効果をお教えします)
・呼吸法
・ストレッチや簡単な運動
・食事、睡眠など生活習慣
・衣類、冷え対策

皆さんの体質や生活習慣から必要な妊活を判断し、治療中や治療後にお話しします。
がんばっておこなうのではなく、「気持ちよく続ける」のがコツです。
※詳しくは「不妊症・不妊治療について」、「不妊鍼灸・体づくり」をご覧ください。