鍼灸治療について|大阪の不妊鍼灸専門鍼灸院

鍼灸治療について

東洋医学とは

人間に備わっている自己治癒力や免疫力を高めて病気を治す伝統医学です。
病気だけを見るのではなく、顔色・舌・お腹・皮膚・脈などの身体全体の状態を見て、何が・どこで・どうなっているのかを考え、原因から改善するための治療をおこないます。
健康な状態を保つことで自己治癒力や免疫力を高め、病気になりにくい体をつくります。

東洋医学では、「気・血・水(き・けつ・すい)」というエネルギーや栄養が全身を巡り、巡りが悪くなると不調が起こると考えます。
「気」は目に見えませんが、元気、勇気など多くの言葉に使われ、誰もが自然に感じているものです。
巡りが悪くなっている原因のツボに鍼やお灸で刺激し、巡りを良くする事で不調が改善します。
まずは、不調が起こる前に体の中から力を高めておくことが大切です。

東洋医学と西洋医学は得意分野が異なり、どちらが良い悪いということではなく、体の状態や状況に応じて良い部分を取り入れ、適切な治療を受けることが大切です。

鍼灸治療

鍼灸治療は東洋医学のひとつで、鍼(はり)と灸(きゅう)を使って治療します。
鍼は材質、太さ、形、などが異なる様々な種類があります。
灸は蓬(よもぎ)の葉から精製した艾(もぐさ)を使用します。
鍼や灸でツボを刺激して原因から改善し、体が本来もっている治癒力を引き出し・高める治療です。

当院の鍼灸治療の特徴
・刺さずに痛くない鍼
・熱くないお灸
・体質に合わせた全身治療

当院の鍼灸治療

当院では、お一人おひとりの体質や症状に合わせた治療をおこないます。
鍼灸には様々な方法があり、当院では経絡治療を取り入れております。
刺さない鍼と温かいお灸で心地良く受けていただけます。

※鍼やお灸は刺激量が多いとダルくなることがあります。
当院では、体質に合わせた負担の少ない治療をおこないます。



当院では「先端が丸い鍼」を肌に触れるだけの「刺さない鍼」で痛みや負担のない治療をおこないます。
(症状に合わせ、まれに刺す鍼を使用する場合もあります。
衛生的な使い捨ての鍼を使用し、説明してからおこないます)


お灸には温熱効果によるリラックス、血流改善、内臓機能を高める効果があります。
熱くなく温かいお灸で、跡が残ることもありません。
・知熱灸 指先くらい大きさで円錐にしたもぐさを直接皮膚に置き、火をつけて温かく感じたら取ります。
・透熱灸 米粒くらいの大きさのもぐさを直接皮膚に置き、火をつけると一瞬温かく、すぐに終わります。

ツボ
問診で得た情報や、お体を拝見して感じたことを総合して、治療内容やツボを決めます。
ツボは全身にたくさんありますが、手足・お腹・腰のツボを多く使います。

適切なツボに鍼を触れたり、お灸をすると体や脈に変化が出ます。
皮膚に潤いが出て、肩や背中・お腹が柔らかくなり、脈にも良い変化が現れます。
緊張が緩んで血流が良くなり、体がポカポカしてきます。

治療中に何度も手首の脈とお腹に触れ、「妊娠につながる理想の脈とお腹」に近づいているか、確認しながら治療をおこないます。
根本から改善し、良い状態を維持することで、妊娠しやすい体づくりにつながります。